K-POPガールズ2017年売上まとめ

Posted: 2018/02/04 カテゴリー: よもやま話

皆様、ご無沙汰しております。

・・・さて、読者の皆様には、そういや毎月恒例のあのコーナー、どうなったの?

と思い始めている方がいるかもしれません。

そう。

古くは某先輩ブログから引き継ぎ、北の兄貴が担当する時期を経て続けてきた・・・半島ガールズの売上報告のコーナ。

年初の渡韓と体調崩したおかげですっかりサボっておりました(汗)

が、それ以上にお知らせがありまして・・・。

今年から・・・Gaon Chartの仕様が変わってしまったのです(汗)

今までDigital Chartのうち、Download Chartは数字が報告され、このブログでは色々集計させてもらったりしていたのですが・・・。

まぁ、そもそもそういう情報を転載するのもホントはアカンとういところで、そういう輩が増えたせいもあるのか、

今年からDownload Chartの数字が発表されなくなりました(泣)

そしてDigital Chartの総合的な評価として「Gaon指数」なる、良くわからない数字が掲載されるようになりました(汗)

StreamingやDownloadなど幾つか数字の内訳が出ている中で色々わかることも多かったのですが、それがわからなくなった以上、分析の面白味が無くなった事と・・・先程話した通り、ホントは思いっきり転載するのはよろしくないという所もあり、このコーナーは今回を最終回にしたいと思います。
400位までのデータを見まくっていた翌月に急に見れなくなったという事も過去にあり((((;゚Д゚))))ガクブル

引き継ぎ元の某先輩ブログ様及びに楽しみにされていた読者の皆様、誠に申し訳ありません。

というわけで最終回としての申し訳として、昨年末最後の月の集計だけでなく、年間チャートについても見ていきたいと思います。

まずは今更ですが、昨年12月のチャート。
・Gaon 週間DLチャート 12月

・Gaon 月間Albumチャート 12月

うん・・・あまり話題は無いです(泣)

Twiceは何気に今年は一体、何曲リリースしたのか(汗)

少女時代のGeeっぽい既視感あるスタイルで自分的にはイマイチ面白味に欠けるこの曲でも・・・他グループを圧倒する売上を誇ってます(汗)

そして、クリスマス・アルバムも容赦ない売上を(汗)

出せば何でも売れる状態のTwiceをもう止められるグループはいないのか(汗)

テヨン様でも止められない(汗)

ヒョナ様は曲は素晴らしかったのに・・・最近は昔ほど勢いはありません(泣)

そんな中、SHINeeのジョンヒョンが亡くなってしまい・・・追悼でジョンヒョンが関わったイ・ハイちゃんの曲がチャートに登りました。

ソユたんのソロはなんかほっこりする曲で良かった(*´Д`)

まぁそんな感じでございました。

そして2017年の年間チャートを見てまいりますと・・・

全体の評価はGaonの公式レビューにお任せするとして・・・ここではガールズに絞って見てみましょう。

まずはアルバムから。

まずは目に付くのはもう、Twiceの圧倒的な売上(汗)

昨年は少女時代が一度だけカムバックしましたが・・・そのアルバム売上を余裕で上回っています(汗)

そして少女時代以外では、2013年以前にデビューしたグループはもうAOAとA-pinkしか無く、AOAに至っては宇宙少女を下回る売上(汗)

2017年はかつての数々のガールズグループが解散、実質活動終了状態となり・・・もはや完全に世代交代は終了してしまったようです(汗)

そして新人ではPristinと思いきや意外とWeki-Mekiがなかなかの売上を。

あとはヨジャチングの売上低下が目につきます(汗)

やはり数々増えてきた他グループにペンを盗られていると見てよいのではないでしょうか(汗)

そして音源DL。

こちらは有名所のアイドルグループ以外はまったく影を潜める状態で(汗)

昨年一番売れた曲はAileeが歌う、一番売れたドラマでもある「トッケビ」のOSTのこの曲。

トッケビ、韓国ドラマは見ない私でも見てしまいましたからね。キム・ゴウンちゃん、萌えw

そんなOSTの曲を差し引くと、半島トップの女性アーティストかつ、ピンのトップアイドルはこの方。

少女時代がそろそろ終焉を迎えた一方で・・・IU様は衰えを見せません(汗)

そして昨年は久しぶりにアイドルのように音楽番組でのステージもありましたし。

アイドルとしてもやはり未だに最強。萌え。

としか思えません(滝汗)

そんな音源ヤクザの女王に次ぐ次世代の音源ヤクザはこのお二方。

お二方ともエンドレスで曲が売れ続けており・・・Gaon Chartに入らない週は無かったレベル(汗)

そして赤頬思春期に至っては一昨年前の曲がエンドレスで売れ続けてるので今年リリースの曲の売り上げを上回っているという(滝汗)

ガールズグループトップのTwiceもこの3方には及ばなかった模様。

そして音源売上だけで見ると、Red VelvetとBlack PinkがかなりTwiceに肉迫している状況。

Black Pinkの마지막처럼はかなりのロングヒットでソウルの巷で耳にする事は本当に多かった気がします。

あとはガールズグループでチャートに乗るところは本当に少なく、MAMAMOOとA-pinkくらい(汗)

代わりにソンミやチョンハ、スジ、ソユたんソロといい、ソロでの活動のチャートインが目立ちます。

こうしてみると・・・3大事務所のガールズグループは売れているけど・・・他大丈夫か?(汗)

という状況だったと思いました。

特に今まではガールズグループはどちらかと言えば音源売上に強かったのですが、最近は、音源はサッパリで、アルバム売上が逆に伸びている・・・という状況。

つまり一般ウケしないアイドルヲタ向けのグループが増えたんじゃね?

そんな感じもします。

I.O.Iくらい売れるグループは今後出るのか・・・・と思いたくなるくらい、この曲は売れ続けておりました。

まぁ、Season2で使われたところも大きいんでしょうけど。

さて、以上が年間チャートでしたけど・・・。チャートに登らないガールズの売上ってどうなんでしょうね?

はい。

Gaonの年間チャートには乗らないけど、週間チャートに載っていれば・・・というところで、

最後の締めに、2017年末時点の音源とアルバムの売上から、ガールズ・グループをランキングしてみたいと思います。

アルバムと音源の売上、どう優劣つけるかは難しいのですが、

年間を通して一番売上が多かった曲、アルバム売上に対して

音源ダウンロード売上:アルバム売上 = 1:5

の比重をつけてランキングしてみます。

異論はあると思いますが、アルバムに大抵4、5曲入っているからまぁ目安の評価ということで。

こうしてみると・・・どっちのグループが売れてるの?って気になっていた方は少しスッキリするのではないでしょうか。

A-pinkはまだまだ売れていたり、
DIAはお姉さんのT-araとほぼ同じか少し上回っていたり、
Gugudan、Oh My Girl、Aprilが意外と売れていなかったり、
Nine Musesは意外とまだ人気があったり
CLCはCDはそれなりに売れていたり、
新人ERLISが意外と売れていたり、
MOMOLANDとHello Venusがいい勝負だったり(汗)
LABOUMはアルバムが例のナニしてアレで売れていたり(汗)
Stellarは新人Good Dayとほぼ同じ売上で(泣)
それを下回るBrave Girls(泣)
そして少女時代は売上では妹グループに完全に席を渡した状態(汗)

と色々分かることがありますね。

ちなみに解散、活動終了が見込まれるグループは外してしまいました。

もしかしたら載せ忘れたグループもあるかもしれないので、あのグループが載ってないってのをお気づきの方はご一報下さい(汗)

以上、このコーナーは最後になります。

定例のこのコーナーは無くなっても、ブログの方は引き続きアホな記事を更新していくと思われますので、ご愛読の程、お願いいたします。

以上でしたぁ。

広告
コメント
  1. 鷹狩@お疲れ様でございました! より:

    gaonの仕様変更を見て、真っ先の思ったのが

    「あの企画の存続は、難しくなったなぁ・・・」ということでした

    データ非公開に関しては、転載対策ではなく

    文化体育観光部が財閥系の音盤企業を制御出来なくなった、ということが実態のようで(汗

    melonやginieから言わせれば

    「外貨獲得振興補助金の打ち切りや、政治的介入で一方的に音源価格の改定とかやらかしておいて、無償でデータだけ提供しろなんて虫が良すぎやしないか?」

    ってことなんでしょう

    どちらにせよ、数字的データの無いランキングなぞ一銭の価値もありませんので

    たんたさんの選択を小生も支持致します。

    『たんたさんが毎月やっていたことの苦労と凄さ』は私が一番解っています。
    想像するだに、吐き気がする作業をここまで続けてこられたことに
    尊敬と畏怖の念を持って、

    改めて・・・本シリーズのエントリー、今までお疲れ様でした!スゴヘッソヨ!

    つーことで、意味もなく、おケイ子さんでお別れですwww

    ではまた

    いじょ 

    いいね

    • 鷹狩さん、ありがとうございます。

      引き継がさせて頂いたコーナ、手はかかるものの、分析すると色々楽しかったんですが、
      Gaonチャートの仕様変更はホント、残念です。。

      転載対策とGaonのサイトにも載っていたので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしましたが、理由はやっぱりそんな感じだったんですねw

      コーナーが無くなった分、よりアホな記事の更新を続けていこうと思いますのでよろしくお願いしますw

      いいね

  2. VEGAYOUNG より:

    アンニョン
    やっぱりTwiceは、凄いすね。
    個人的には、人気ですぎで、ひいてるんですが
    🤗Heizeって、韓国ではかなり売れてるんですね。この歌は、Vライブで、キュビンさんが
    うたっていた。歌ですね、いい歌ですね。
    レドベルってこんなに人気が、あるとは
    しらなかったです。ずっと範疇外だったので
    💦 ウキメキも、意外と人気(範疇外)💦😱
    私の好きな、エンシアがどこにもいない。
    デュエットで、曲だしてましたよね。人気さがってきたのかな。そして、ドゥケ22位 韓国では、人気ないんですかね。日本では
    単独ライブするくらい人気あるし、世界ツアーもやってるのに🤔🤔
    IUは、やっぱり人気あるんですね。音源ヤクザ👍👍🤗
    このコーナー楽しみだったのですが、残念です。
    長い間お疲れさまでした。
    ではまた。

    いいね

    • VEGAYOUNGさん、コメントありがとうございます。

      列島の一部のK-POPファンで話題になる人気と、実際の半島で一般の人にも知られるほどの人気と、半島のアイドルファンでの人気、それぞれ違いますね。
      列島ではK-POPはアイドルしか輸入されてきませんからね。
      音源チャートは一般ウケ、アルバムチャートはオタクウケ、とざっくり考えると、一般ウケするアイドルは最近めっきり減りました。
      ドゥケも一般の人は全く知らないでしょうね。
      ソウルの街中でかかっているのを聞いたことがありません。HeizeやRed Velvetのぱるがんまは至ることろで流れてましたが。
      ただ、一部のオタクがしっかり盛り上がっているので、それなりに人気になっていると思います。
      エンシアちゃんは全然チャートインしてませんでした(泣)The Unitに受かると良いですね。

      いいね

  3. うき より:

    TWICE強いな。。
    (個人的にはダヒョンくらいしかびびっと来ないけど)

    Lovelyzが意外と少なくて…泣けてくる…
    gugudanにも頑張って欲しい

    ELRISはまだ出たばっかだし、これからっす

    このコーナー無くなるのは寂しいかぎりですわ。
    お疲れ様でした。

    いいね

    • うきさん、コメントありがとうございます。
      Twiceは人気ありすぎて敬遠する方も多いですね。
      Lovelyzは一昨年前はもっと音源も売れてんたんですけどね。
      昨年の曲は音源はLovelyzファンには若干不評だったWow!の方が売れてるのが興味深いですね。
      Pristinあたりに勢いで負けないよう頑張って欲しいです。

      Gugudanはデビュー時から売上伸びるどころか落ちてる感じですね。
      I.O.Iで2番人気だったセジョンちゃんを抱えておいて、迷走している苦しい状況そうですね。

      いいね

コメントする(詳細入力、ログインは任意です)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中